同人相互の意見交換などにご利用ください。 匿名、筆名にかかわらず、 管理人の独断で削除することがありますのでご了承ください。

「じゅん文学」BBS

350085
名前
件名
メッセージ
画像
メールアドレス
URL
文字色
編集/削除キー (半角英数字のみで4~8文字)
プレビューする (投稿前に、内容をプレビューして確認できます)

101原稿、締め切りました。 - 戸田鎮子

2019/09/04 (Wed) 10:21:33

101号の原稿が、何とか集まりましたので、
原稿の提出を締め切りました。
皆さん、ご協力ありがとうございました。

9月22日の例会(100号後半の作品批評)も、皆さんのご出席をお願い申し上げます。

お詫び 藤澤 茂弘

2019/09/02 (Mon) 21:20:56

 今月22日の例会は、昼と夜の部に出る体力がありませんので、二次会のみに参加することにいたします。(厳しいむち打ちから逃れて、一日でも長寿を願う魂胆もありますので)何卒よろしくお願いいたします。

Re: お詫び - 戸田鎮子

2019/09/04 (Wed) 10:12:24

残暑の折、無理なく、参加していただければ幸いです。
よろしくお願いします。

101号発行について - 戸田鎮子

2019/08/01 (Thu) 11:00:59

100号には皆さんが書いてくださって、おかげ様で厚い雑誌が出来ましたが、その反動かどうか、101号の原稿が集まっていません。
初めから、一応は100号までと言ってきたので、今までと同じように年四回発行とは考えていません。
ということで、原稿がせめて100頁分くらい集まったら、101号の編集作業をします。
一ヶ月くらいは発行を遅らせようと思いますので、作品を書いている最中という方は、よろしくお願いします。
原稿が集まり次第、またお知らせします。
今はまだ、40頁分しか集まっていません。

100号記念会 - 戸田鎮子

2019/07/19 (Fri) 20:01:43

ありがとうございました。写真はクリックすると大きくなります。

Re: 100号記念会 - 羽仁婦長

2019/07/20 (Sat) 08:24:04

先生の方から集合写真が掲示されました。出席頂いた方々には、プリントアウトして配布致します。まだ、整理中のスナップ写真もありますので、お待ち下さい。

こべにさんお久しぶりです。お子様も大学生ですか? 感慨深いですね。また、京都の帰りに例会にもお立ち寄り下さい。(トラジャコーヒーの思い出もありましたね)丹羽

100号おめでとうございます! - 織田こべに

2019/07/16 (Tue) 16:13:21

ついに100号!心よりお慶び申し上げます。
「原点」は100号発刊までに50年かかりましたので、およそその倍のスピードですね。
執筆されている皆様に敬意と、そして何より「同人誌を造る」作業を積み上げられてきた戸田さんに、感動しております。

私が最初に貴誌に掲載させて頂いたのは、今から22年前。
まだ、書くことは続けているので、最低でも22年は頑張っていることになります。「22年も続けている趣味」って凄いなあ~と我ながら感心。


娘が京都の大学へ進学しましたので、毎月のように京都へ出向いています。(笑)松山から名古屋は遠いけれど、京都からだと新幹線ですぐ?ですよね。

合評会に合わせて、ぜひぜひ戸田さん、同人会のみなさまにお会いしに伺いたいと存じます。

明日香さんのお子さんも、随分と大きくなられたと思います。お会いしたときはベビーちゃんでした。
丹羽さんの凛とした立ち姿は、もちろん今もご現在ですよね。
井坂さんが松山に来られた時に、私は妊婦さんでしたが、あの子が大学生ですよ!


さて100号で特記したいのは、伊藤仁美さんの「羊腸の小径」流石!ございました。
今号では、とくに「生と死」を掘り下げた作品が多かったように思いますが、「死んで終わり」にするか「生きて終わり」にするか、主題はもとより、筆者の「モノの捉え方」が鮮明になります。

私は地元誌で細々と掌編形式で連載を書いています。
また、じゅん文学の掲載ラインに到達するようなものを書けたら、けちょんけちょんに、ご批評賜りたいです。

これからもじゅん文学同人の皆様のご健筆を、心よりお祈り申し上げます。

Re: 100号おめでとうございます! - 戸田鎮子

2019/07/17 (Wed) 09:18:23

織田こべに様
あたたかいメッセージをありがとうございました。
またいつか、興味がありましたら覗いてみてください。
よろしくお願いします。

Re: 100号おめでとうございます! - 刑部隆司

2019/07/18 (Thu) 06:57:17

こべにさん、お久しぶりです。
私も久しぶりに会いたいので、
機会があったら、顔を出して下さい。
という気持ちを込めて、ではまた。

Re: Re: 100号おめでとうございます! - 織田こべに

2019/07/19 (Fri) 23:08:32

刑部くん、ホント、お会いしたいです。15年ぶり?とかですよね!
すっかり、みきゃん(愛媛県民ゆるキャラ)か、バボちゃん(バレーボールキャラ)みたいにまんまるになっております(^.^)

御礼、100号記念会 - 羽仁婦長

2019/07/17 (Wed) 12:24:02

14日の「じゅん文学」100号の記念祝賀会に、同人始め、中部ペンクラブの方や元同人の方々がお忙しい中を大勢ご出席くださり、有り難うございました。50名近い方々と25周年と100号を記念しての祝賀の宴を盛会に終える事が出来て感無量です。
又、戸田主宰のご努力と功績に惜しみない賛辞を頂きました。私達、同人にも温かいご声援と今後への期待を述べられました事を糧に日々努力したいと思います。

多くの人々に支えられての25周年と100号の発行から、あらたな気持で101号にのぞみたいと思っています。今後とも皆様方のご支援の程を宜しく御願い申しあげます。

遅ればせながら世話人代表として、皆様方に心から感謝と御礼を申しあげます。  丹羽加奈子

100号記念会御礼 - 戸田鎮子

2019/07/14 (Sun) 23:10:14

今日は100号記念会のために、丹羽さん、刑部さん、有芳さん、安藤さん、秋乃さん、お世話係をありがとうございました。大変楽しく嬉しく過ごさせていただきました。花束までご用意していただきまして恐縮です。
久しぶりにお目にかかれた方もあってびっくりしました。
昔を思い出して、また入会して書こうかなあと言ってくださった方もいて、嬉しい限りでした。
欠席された小久保さんからも花束をいただきました。
ありがとうございました。
中部ペンクラブからもご参加いただいた方があり、感謝感激というところです。

お礼 - 猿渡由美子

2019/07/14 (Sun) 22:28:39

合評会でのいろいろな批評をありがとうございました。
言われてみなければ気付かないことが多々ありました。

100号記念祝賀会で、たくさんの準備に携わって下さった方々にお礼申し上げます。大変お疲れ様でした。
料理がとても美味しく、雰囲気も良かったです。
ありがとうございました。

100号新聞評 - 戸田鎮子

2019/06/30 (Sun) 09:43:15

6月27日朝日新聞朝刊の「東海の文芸」(清水良典氏評)に一森さんの「猫と餌」と、猿渡さんの「スイートスポット」が、取り上げられています。

6月29日中日新聞夕刊の「中部の文芸」(竹中忍氏評)に藤澤さんの「終の日々」が、取り上げられています。

ご覧になってない方には、次回の例会に新聞のコピーを持って行きます。

Re:「じゅん文学」総目次データー化 門倉まり

2019/06/29 (Sat) 20:41:17

 刑部様

総目次を拝見すると、「じゅん文学」の歴史がわかります。凄いですね~

自分ではできないので、息子にダウンロードしてもらいました。ありがとうございました。


Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.