同人相互の意見交換などにご利用ください。 匿名、筆名にかかわらず、 管理人の独断で削除することがありますのでご了承ください。

「じゅん文学」BBS

292378
名前
件名
メッセージ
画像
メールアドレス
URL
文字色
編集/削除キー (半角英数字のみで4~8文字)
プレビューする (投稿前に、内容をプレビューして確認できます)

92号届きました - 元千晶

2017/06/27 (Tue) 18:54:40

メッセージ遅くなりました。先週届いたのですが、なんやかやで書き込むのが遅れました。スミマセン。
 くだんの読書女性は歴女でした。現代小説には興味なしとのこと。
 でもって僕が92号の感想を書くもなにも、まだ目次しか開いてないのです。あ~なんとかならんもんか、
 てことで皆さん創作がんばってください。

地方都市は損 - 田中弘子

2017/06/27 (Tue) 10:17:12

東京に住む何人かの友人からメールをいただきました。

「名古屋には素晴らしい少年がいるのですね」ということでしたが、それは言わずと知れた「藤井聡太さん」のことでした。
私は、躍起になって、「藤井君は名古屋ではなくて瀬戸市在住、ただし、学校は名古屋」と説明しましたが、わかってくれたかしらん。あれほど、新聞やテレビで愛知県瀬戸市と報じているのに、と、少し、腹が立ちました。

私は、同窓会で何度も「、愛知県豊田市の田中」と自己紹介しても、いまだに名古屋の田中さん、と呼ばれます。
この頃は、もう豊田の田中さんとは呼んでもらえないとあきらめましたが。まあ、私のことはいいとして、藤井四段のことだけは正しく「瀬戸市の」と呼んでいただきたいです。

まだ、腹をたてる力が残っていた(笑9

終活ららばいについて 刑部隆司

2017/06/26 (Mon) 07:17:26

藤澤様

以前同人だった刑部です。昨日から出戻りをさせて頂きました。どうぞよろしくお願いいたします。

さて、作品についてですが、私が今まで読ませて頂いた藤澤さんの作品の中では1番好感が持てました。理由としては作者の視点がいい意味で低く感じたからです。

P36下段から書かれているヘルパーが作品の中では一番魅力的は女性に思えました。
あまりにも魅力的だったので、初回に読んだときはその後の伏線かなと考えていたので、終わり方にややびっくりしました。体調のことなども聞いていましたので、構成を急に帰られたのかと想像したりもしました。

お体を大事にしながらまた、素敵な女性が出てくる作品を読ませて頂けるのを楽しみにしています。できれば、また読みやすい今回の作品のような視点で。

Re: 終活ららばいについて - 藤澤 茂弘

2017/06/26 (Mon) 19:50:24

 刑部さま

あのような作品に好意的な評をいただき、ただただ恐縮しております。ご指摘のように、後半は君子?豹変したような(偉そうな)内容になり、忸怩たる思いをしております。体調ではなく、未熟なせいだと思います。(藤井四段を見習わなくてはいけませんね)
 
運転免許証を返上しなくては、と考えるトシになっては、もう素敵な出会いなど期待できそうもありません。もし次回作を書けるとしたら、あのこわーい閻魔さんとの出会いくらいかもしれません。

刑部さまのますますのご健筆を祈念いたします。

例会のご出席、御礼。 - 戸田鎮子

2017/06/25 (Sun) 23:03:54

今日は懐かしい方のお顔もあって16人のご出席で、合評会も二次会も終始、和やかに行うことが出来ました。
ありがとうございました。
今後ともよろしくお願いします。

Re: 例会のご出席、御礼。 刑部隆司

2017/06/26 (Mon) 07:22:55

昨日は久しぶりに例会と2次会に出席させて頂き、楽しいひと時を過ごすことができました。
藤澤様以外は顔を知らない方ばかりの作者だったので、作者の人物像を想像しながら作品を読めたのが新鮮でした。
再開できた人たちや初めてお会いした人たちからも優しい言葉も頂きました。
ありがとうございました。

92号発行と合評会と93号原稿 - 戸田鎮子

2017/06/13 (Tue) 09:02:20

92号が出来ましたので、25日の合評会にお渡しします。
出来るだけたくさんのご参加をお願いします。
欠席予定の方はお送りしますのでお知らせください。

25日は藤澤さんがお身体が悪くて欠席とのことですが、
ベテランの作品ですので、皆さんで、勉強させていただきましょう。
また、先日、昔の同人の方が是非参加したいと言ってこられましたので、お会いするのが楽しみです。

尚、現在は、93号の作品を募っております。
 7月末までによろしくお願いします。

お詫び - 藤澤 茂弘

2017/06/09 (Fri) 13:28:36

まことに申しわけありませんが、25日の例会は拙作が対象の日となっていますのに、欠席いたします。トシは取りたくないもので、このところ体調を崩し、長時間の外出ができないためです。
久しぶりに皆様にお目にかかり、酷評?を糧にして勉強をしなおすのを楽しみにしていましたのに、残念です。どうかご容赦下さい。

中日新聞「中部の文芸」 - 戸田鎮子

2017/05/06 (Sat) 22:30:22

3月まで清水信氏が担当しておられた中日新聞の「中部の文芸」という同人雑誌批評が、今月から「北斗」代表の竹中忍氏に変わりました。5月6日の夕刊には「じゅん文学」の作品が大幅に取り上げられていまして、特に土田真子さんと藤澤茂弘さんの作品が好評です。徳山さんの作品がほとんど初めて取り上げられたのも嬉しいことです。機会があったら新聞を読んでください。
ご希望の方はコピーをとっておきますので言ってください。

御礼 - 戸田鎮子

2017/04/24 (Mon) 09:51:18

昨日の合評会には、たくさんにお集まりいただきまして、ありがとうございました。
水野行男さんには毎年、授賞式の写真を撮っていただきまして、心より感謝申し上げます。
皆様、今後とも「じゅん文学」発行のためによろしくお願いします。

23日の例会は授賞式があります。 - 羽仁婦長

2017/04/19 (Wed) 23:18:20

第十九回「じゅん文学賞」は宇野健蔵さんに決まりました。受賞作は「22・8」です。授賞式は23日の例会時に行います。大勢の方々の出席で、宇野さんの受賞をお祝いしましょう。私達同人も、宇野さんの受賞に刺激を受け、切磋琢磨して、良い作品が発表できればと思います。このところ天候不順ですので、体調に十分お気をつけてお過ごし下さい。23日お待ちしています。

Re: 23日の例会 - 藤澤茂弘

2017/04/22 (Sat) 20:19:45

宇野健蔵さま
 このたびは「じゅん文学賞」の受賞おめでとうございます。
23日の授賞式は私用があって出席できず、申し訳ありません。
今後ますますのご活躍を祈念いたします。
羽仁婦長さま。ご連絡をありがとうございました。
                       藤澤 茂弘

91号発行 - 戸田鎮子

2017/03/24 (Fri) 10:05:24

91号ができあがりましたので、26日の例会に持って行きます。
たくさんのご参加をお願いします。
また、92号用の原稿を募集しております。
4月末までにお願いします。

Re: 91号発行 - 西岡二児のママ

2017/04/06 (Thu) 06:33:32

3月に届いたけれど、お返事お礼が遅くなって申し訳ありません。
91号ありがとうございました。


Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.