同人相互の意見交換などにご利用ください。 匿名、筆名にかかわらず、 管理人の独断で削除することがありますのでご了承ください。

「じゅん文学」BBS

325067

たまさん、ご批評ありがとうございます。 大倉克己

2018/11/09 (Fri) 18:18:11

たまさん、「村の遊び日」への批評ありがとうございます。BBCを時々見ていますが、私の作品に段々、近くなってきましたので、その内たまさんから鉄槌が下されるのだろうと内心ビクついていました。
 
天明6年に設定した理由の一つは、私が最初に見た若者組禁止の触書が天明5年に発令されていたので、このあたりの天明6年にしてしまったと記憶しています。安易にし過ぎたと反省しています。
天明6年のことですが、「天明の飢饉」の最悪時の2年後くらいのことになると思います。文献(菊池勇夫)は、天明の飢饉は餓死人を大量に出したという狭い意味では、東北地方を中心とした飢饉であると言っています。とは言っても、尾張藩では飢饉やその影響が全くなかったわけではありません。名古屋市史によれば、天明の初期、尾張藩は各所で治水工事を行っており、この治水工事(工事労働に対して、米銭が施された)が天明飢饉に苦しむ窮民の救済策としても有効であった、とあります。これは、尾張藩でも東北地方ほどではないにしても飢饉があったことと同時に、窮民は餓死もせず最低限の生活を維持していたことを示していると思います。それにしても、全く太平でも無い時期に遊び日だの余裕のある生活などを持ち出すのは、たまさんの言われるとおり相性が良くないと思います。たまさんのご指摘に賛成です。次からは、もっと気を付けます。
「若者組はいらない」という百次郎のセリフに幸助たちが反応しなかったようにしたのは、相談の初めは村役人間の話合いだけにしたかったからです。

 以上、たまさんの批評への答えになれば幸いです。
なお、遅くとも100号までには、娯楽的時代物を一つ書くつもりです。たまさんからのまたの批評を楽しみにしています。

名前
件名
メッセージ
画像
メールアドレス
URL
文字色
編集/削除キー (半角英数字のみで4~8文字)
プレビューする (投稿前に、内容をプレビューして確認できます)

Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.