同人相互の意見交換などにご利用ください。 匿名、筆名にかかわらず、 管理人の独断で削除することがありますのでご了承ください。

「じゅん文学」BBS

314283

95号の感想(1) - たま

2018/04/12 (Thu) 23:40:19

こんばんは。元同人の者です。
お久し振りの方も初めましての方もいらっしゃると思います。

先日に95号をいただきましたので感想を残しておきます。
あくまで一個人の不躾な意見ですので、あまりこだわらずに軽く流してもらえると助かります。
(長くなったので分割して投稿します)

》「4月の音」(刑部さん)

同人誌を送付していただき、ありがとうございました。
年を重ねるにつれて加速していく時の中で、離婚を機にふと我に返り、若い頃に思い描いていたような大人になれなかったことを再認識して悔やむ主人公の姿が、身につまされました。

以下、気になったところです。

主人公が離婚に至った状況や原因について、もう少し触れた方がいいと思いました。
主人公の性格や社会的ステータスは分かりますが、相手のことをかたくなに避けているため、読者の想像にほぼ丸投げとなっています。
嫌な過去を思い出したくない心情は理解できます。しかし、情報がないと読者は勝手に理由を作り、場合によっては主人公像を歪めることもあるのでリスクは大きいです。

暴力問題を抱える家庭がいくつも登場しますが、吟味した方がいいように感じます。
元配偶者に対して何か後ろめたいところがある主人公が、「肉体的暴力は振るわなかった」という言い分を自己フォローするために、無意識に都合のいい事例を並べたように読めてしまいます。
意図した通りの背景・効果なら問題ありません。

テーマになっているバラードに関して、この日に限って偶然が重なり、何度も流れたのが引っ掛かりました。後半の酔ったときに聴いた曲を幻聴として扱うのが、文脈的に難しいことが原因かもしれません。

Re: 95号の感想(1) - 刑部

2018/04/13 (Fri) 22:49:33

感想ありがとうございました。
自分の作品を読んだことがないと、同人で一緒だったときに言われていたので、背負っていたものが少し降ろせた気がします。
早速、読んで頂けたことだけで励みになりました。
これからも、しばらくは筆を持ち続けるつもりでいますので、どうぞよろしくお願いいたします。

Re: たまちゃん&大坂部センセ - 井坂ちから

2018/04/16 (Mon) 23:03:45

たまちゃんの書き込みを読みながら、ぼくも刑部さんの小説について書きたくなって、かつての『じゅん文学 同人評シリーズ』を再開しようかと思ったよ。
だけど、6年前に長男を失ってから何も書けなくなって、そのまま63歳になった今、気力も体力も知力すらもすっかり落ちたのを自覚してしまった。
以前のように書けないんだよ。以前は作品を書く作業は「舞い降りて来る感じ」で一気に仕上がったのに、今は「こつこつ書き進める」しかない感じ。
これはツライなぁ、楽しくないなぁ。歳を取ると、楽しくないことって続かないんだよ。そんな次第で、同人評シリーズの再開は次々号か次々々号かな。
むむむ。刑部さんの95号のコレ、書けるネタなんだけどなぁ。自分の無力が残念だよ、大坂部センセ。

【追記】
で、17日は21時に寝付いたんですが、18日の明け方4時前に目覚めたら、書けちゃいました。96号に載せます。
何かのきっかけで一瞬にして「作家脳」になるようです。
が、今はまた「能天気脳」に戻っちゃいました(笑)

同人評シリーズ - 刑部

2018/04/21 (Sat) 08:53:43

同人評シリーズに取り上げられた方たちと、自分が並ぶとは恥ずかしい。
96号を楽しみにしています。

名前
件名
メッセージ
画像
メールアドレス
URL
文字色
編集/削除キー (半角英数字のみで4~8文字)
プレビューする (投稿前に、内容をプレビューして確認できます)

Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.